生活の中でhelpを求めたい時に利用したいサービスあれこれ

法律サービスの種類とその役割

世の中には様々な法律サービスがりますが、一般にこれらの事務所と接する機会は企業経営者でもない限りかなり特殊な例となります。
その中でも一番一般に馴染みが深い種類の法律サービスは弁護士と言えるでしょう。
弁護士は刑事、民事共に裁判となり法廷での争いになった際のプロです。
身の回りの様々な法律とその解釈に長け、様々なトラブルを解決してくれます。
一方起業したりその企業を経営してゆく上でお世話にならなければいけない法律サービスははるかに種類が多くなります。
例えば税理士や行政書士、社会保険労務士など経営や人事・労務に関するスペシャリストです。
税理士は企業の税務相談から確定申告等税務処理代行、税務調査の立会や書類作成などを行います。
行政に対する手続きは行政書士に書類作成を依頼しなければなりませんし、各種社会保険の申請や帳簿書類の作成、就業規則の作成や各種保険の相談は社会保険労務士の力無しには不可能です。
特に雇用条件や労働環境が多様化している中で社会保険労務士の専門的知識が求められています。
官公庁への申請や登記・登録等に活躍する法律サービスが司法書士です。
そのサービス柄不動産会社や金融業者との関連性が高くなっています。
そして会計監査における指導や調査、立案に活躍するのが公認会計士です。
企業の合併や株式公開・企業監査などにも重要な役割を果たしており、税理士としての仕事も行えるため同時に税務書類の作成や指導を行う事も出来ます。
また企業の特許申請に欠かす事の出来ない法律サービスが弁理士です。
特許権の管理や申請、商標権や意匠権の出願も行います。
この様に法律サービスはその目的や方法によりジャンルや士業がかなり細分化されています。
その為大規模な企業においてこれらの法律サービスを的確かつ有利に利用する為に法務課を設置し、その中に各々専門のセクションを置いて、常に発生する案件の処理や各法律サービスへの依頼や打ち合わせを行っています。